おもちゃの与えすぎ| ホーム | 木のおもちゃの素材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃの選び方

赤ちゃんはまだ自分ではおもちゃを選ぶことができません。
だから、初めての赤ちゃんの場合迷ってしまいます。

ではどのようにして選んだらいいのか、ポイントを紹介します。

今は便利で、ネットの口コミなどを参考にしてもいいですが、

第一に親・買う人がそれを欲しいと思うかどうかです。
手触りがいいとか、配色、それの動きなど、それについて子供と話しながら遊びます。

第二に、自動で動くものは場合によっては良いですが
基本的には勝手に動かないものを選びます。

これは赤ちゃんが自分から「どうやって遊ぶものか」を学習するためです。

たとえば木のおもちゃの王道
積み木。

積み木をそのまま赤ちゃんの前に置いてもどのようにして使うかわからないはずです。

わからないので自然と積み木に興味を持ち、自分から手を伸ばしていきます。

その過程で、並べたり、色を楽しんだり、
さらには積み上げたり、形を作ったりといろいろなことを発見していくのです。

重要なのは「答え」を用意するのではなく「問い」を用意することです。
子供は自分で動いて答えを見つけてくれるからです。
自分で見つけて納得していくというのが一番大切な経験です。

第三に遊び方が複数あること。
もちろん自動で動くものは遊び方が限られてくると思います。
逆に動かないもの・たとえば木のおもちゃならどうでしょうか。
叩いて音を楽しんだり、形で遊んだり、
工夫をすればいくらでも遊び方を増やせられます。
これはシンプルなつくりのおもちゃの方が、応用が利くように思います


このようにして子供と親にぴったりのおもちゃを選ぶといいです。
選んだおもちゃは、生涯の宝物になるでしょう。


インフォトップランキング


おもちゃの与えすぎ| ホーム | 木のおもちゃの素材
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。