子供の筋力トレーニングの注意| ホーム | 子供の持久力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のランニング時の注意点

真夏の炎天下のランニングは絶対にやめましょう。


子供にランニングさせる時の注意点としては、
水分補給に気をつけることと
足に合ったランニングシューズを履かせることだと思います。

水分補給はランニングする三十分ほど前に250~500ml程度、
ランニング中は二十分から三十分おきに
200mlくらいの水分を摂るようにしてください。

水よりはスポーツドリンクを薄めたものの方が、
運動時の水分補給には適しています。

ただの水だと、失った水分量と同じだけ飲むのは難しいですし、
発汗によって失われた塩分を補給する必要もあります。

特に運動中は、塩分濃度が0.1~0.2%、
糖度が3~5%の飲料が適しているでしょう。

膝や足の裏などを傷めてしまわないためにも、
きちんとランニング用のシューズを用意してあげてください。

涼しい時間帯の早朝か夕方がランニングにはいいのですが、
不審者が出やすい時間帯でもあるので、注意が必要です。

汗を拭くためのスポーツタオルや
熱中症を防ぐための帽子なども用意しましょう。

ランニングは一週間に五日程度が理想です。

少なくても週三日くらいはランニングしないと、
効果が出にくいかもしれません。

毎日ランニングするのは、筋肉を休める時間が作れないので、
適度に休日をはさみます。

貧血で倒れたり、足のけいれんを起こしたりしないように、
ビタミン、ミネラル、たんぱく質など栄養にも気を配ってください。

寝不足でランニングするのもよくありません。

ランニングの前後には、
ストレッチなどの準備運動も忘れずに行いましょう。

また、親も一緒にランニングしてあげる方がいいですね。
つらい時の気持ちも理解してあげられますし、
子供もやる気がいっそう湧いてきます。

インフォトップランキング


子供の筋力トレーニングの注意| ホーム | 子供の持久力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。