子供のランニング時の注意点| ホーム | 子供のトレーニングメニュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の持久力


子供は飽きっぽいので、持久力をつけるのは大変です。

子供の持久力を上げるには、
水泳やジョギング、サイクリングなどが適しています。

持久力は一朝一夕には上がらないので、
一度に長時間トレーニングすると
一度で、いやになります。
それより
短時間で、毎日継続することが大切です。

また、タイムを計ったり、
徐々に距離や時間を延ばしたりして、
少しずつ負荷を増すようにするといいでしょう。

ほめてあげて、おだてれば
とてもやる気がでてきます。

子供の持久力を上げる時に気をつけたいのが、
充分な睡眠と栄養バランスのいい食事です。

朝食を抜いたり、ファーストフードや
お菓子ばかり食べていてはできません。

寝不足もまた、トレーニングの効果が上がりません。

子供一人で持久力を上げるための
トレーニングを続けるのは難しいので、
親も子供と一緒にトレーニングするとか、
スイミングスクール、リトルリーグ、
サッカークラブなどに入れるのもよいでしょう。

試合中は走り続けるようなスポーツのクラブに入ると、
楽しみながら持久力を上げることができると思います。

持久力を上げるためのトレーニングは、
単調になってしまいがちなので、
大人でも続けるのが難しいかもしれません。

飽きっぽい子供なら尚更ではないでしょうか。
子供の持久力を上げさせたいなら、
なによりもその子にとって楽しめる
トレーニング方法を探してあげるべきです。

強制されて仕方なく、
嫌々だらだらトレーニングしても持久力は上がりません。

また物騒な世の中ですから、
子供だけでジョギングをさせるのは危険です。

子供の安全性を充分に考慮した上で、
持久力を上げる方法を考えましょう。

子供は上手に褒めながら、
記録をつけるとまた目標ができ
上を目指そうと思うようになります。

卓球の愛ちゃんのご両親も
大変な努力をされたんでしょうね。

インフォトップランキング


子供のランニング時の注意点| ホーム | 子供のトレーニングメニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。