| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃの与えすぎ

よく「おもちゃの与えすぎは良くない」といいます。

おもちゃが多い・少ないはおもちゃの種類や遊び方や環境によって変わるものですので、
子供の成長や発達に合わせたおもちゃを選ぶことが大切です。

おじいちゃん・おばあちゃんは孫におもちゃを与えることを生きがいにされている方も
少なくありませんので親の意思に反して増えるのもあると思います。
つい買ってあげたくなるんですよね。

また多い・少ないという感じ方は人によって違うのでなかなか判断しにくいかもしれません。

大量のおもちゃを一度に与えるとどうなるでしょうか?
あれもこれも…と気が散って、ひとつのおもちゃ・遊びに集中できなくなり、物への執着心が薄れ、物のありがたさがわからなくなる。

そして、次第に新しいものを与えてもすぐに「飽き」がやってくるようになります。

すぐに飽きてしまう子供はまた問題です。最近のキレやすい子供もやはり飽き性であると言われています。忍耐力が養われないのでしょうか。

人間は「不足」を感じることで欲求が生じて健全な育成につながります。
これが不足を感じなかったら…みなさんもおわかりだと思います。
そして、最近のおもちゃというのはプラスチック製のものが多いですよね?
これは化石燃料を大量に使用するため、環境には良くないのがおわかりではないでしょうか。

作る過程もそうですが、
ゴミになったとき有害物質が発生し子供の将来を不安なものにします。

そこで提案するのが【木のおもちゃ】です。
まず木のおもちゃは、大量生産されているプラスチック製よりも高価であるが頑丈であること。
頑丈であるのでなかなか壊れないこと。壊れても作りが単純なため修理が簡単であること。
また作りがシンプルなために遊び方が無限に広がり、長く遊べること。
木なので焼却しても有害物質が発生しないこと。

おじいちゃん・おばあちゃんにも
「少々高価だが子供のために良いものを」と言えば
納得して買ってくださるのではないでしょうか。

いいおもちゃを少しだけ買いましょう。


スポンサーサイト

インフォトップランキング


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。