| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球をしている子の食事

トレーニングをしている子供の中でも
野球をしている子の食事の実例を紹介します。

普段の食事では、肉、魚、豆腐、乳製品から
平均してタンパク質を摂れるように気をつけ、
カルシウムなどのミネラルやビタミンC、
ビタミンB群も積極的に摂る必要があります。

運動の後は炭水化物を摂らないと、
筋肉を作るはずのタンパク質がエネルギーとして
消費されてしまうので、主食もしっかり摂ってください。

できれば、白米ではなく玄米を食べるようにすると
ミネラルを補給できるでしょう。

実例としては、玄米、ワカメと豆腐とねぎの味噌汁、
しらすとごまのふりかけ、豚肉のソテー、
鰹節をかけたほうれん草のおひたしという感じのメニューです。

練習や試合の後、おなかが空いたら、
パンやおにぎり、チョコレートなどで
エネルギーを補充しておくことも重要だと思います。

試合の前日と当日は、
ご飯や麺類などの炭水化物とクエン酸を含んだ
酢の物や梅干などを摂るようにします。

刺身などの生ものや豚カツ、
唐揚げなどの揚げ物は避けてください。

試合後は炭水化物とタンパク質を多めに摂ります。

ニラ、ニンニク、生姜、長芋などの
スタミナ食品を食事に取り入れるといいかもしれません。

食事のメニューを考える時に
気をつけたいのが、油の摂り過ぎです。

調理の際の油やバターの使いすぎ、
肉や魚の脂身が多すぎないかにも気を配りましょう。

洋菓子やスナック菓子、清涼飲料水などの
摂り過ぎもよくないです。

理想は和食で、
多少赤身の肉や魚を多めにして、
ビタミンC補給のための果物を
食べるようにするといいと思います。

野球をしている子は多いですね。
お母さんも食事の内容には
十分気をつけてください。

スポンサーサイト

インフォトップランキング


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。