| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃの与えすぎ

よく「おもちゃの与えすぎは良くない」といいます。

おもちゃが多い・少ないはおもちゃの種類や遊び方や環境によって変わるものですので、
子供の成長や発達に合わせたおもちゃを選ぶことが大切です。

おじいちゃん・おばあちゃんは孫におもちゃを与えることを生きがいにされている方も
少なくありませんので親の意思に反して増えるのもあると思います。
つい買ってあげたくなるんですよね。

また多い・少ないという感じ方は人によって違うのでなかなか判断しにくいかもしれません。

大量のおもちゃを一度に与えるとどうなるでしょうか?
あれもこれも…と気が散って、ひとつのおもちゃ・遊びに集中できなくなり、物への執着心が薄れ、物のありがたさがわからなくなる。

そして、次第に新しいものを与えてもすぐに「飽き」がやってくるようになります。

すぐに飽きてしまう子供はまた問題です。最近のキレやすい子供もやはり飽き性であると言われています。忍耐力が養われないのでしょうか。

人間は「不足」を感じることで欲求が生じて健全な育成につながります。
これが不足を感じなかったら…みなさんもおわかりだと思います。
そして、最近のおもちゃというのはプラスチック製のものが多いですよね?
これは化石燃料を大量に使用するため、環境には良くないのがおわかりではないでしょうか。

作る過程もそうですが、
ゴミになったとき有害物質が発生し子供の将来を不安なものにします。

そこで提案するのが【木のおもちゃ】です。
まず木のおもちゃは、大量生産されているプラスチック製よりも高価であるが頑丈であること。
頑丈であるのでなかなか壊れないこと。壊れても作りが単純なため修理が簡単であること。
また作りがシンプルなために遊び方が無限に広がり、長く遊べること。
木なので焼却しても有害物質が発生しないこと。

おじいちゃん・おばあちゃんにも
「少々高価だが子供のために良いものを」と言えば
納得して買ってくださるのではないでしょうか。

いいおもちゃを少しだけ買いましょう。


スポンサーサイト

おもちゃの選び方

赤ちゃんはまだ自分ではおもちゃを選ぶことができません。
だから、初めての赤ちゃんの場合迷ってしまいます。

ではどのようにして選んだらいいのか、ポイントを紹介します。

今は便利で、ネットの口コミなどを参考にしてもいいですが、

第一に親・買う人がそれを欲しいと思うかどうかです。
手触りがいいとか、配色、それの動きなど、それについて子供と話しながら遊びます。

第二に、自動で動くものは場合によっては良いですが
基本的には勝手に動かないものを選びます。

これは赤ちゃんが自分から「どうやって遊ぶものか」を学習するためです。

たとえば木のおもちゃの王道
積み木。

積み木をそのまま赤ちゃんの前に置いてもどのようにして使うかわからないはずです。

わからないので自然と積み木に興味を持ち、自分から手を伸ばしていきます。

その過程で、並べたり、色を楽しんだり、
さらには積み上げたり、形を作ったりといろいろなことを発見していくのです。

重要なのは「答え」を用意するのではなく「問い」を用意することです。
子供は自分で動いて答えを見つけてくれるからです。
自分で見つけて納得していくというのが一番大切な経験です。

第三に遊び方が複数あること。
もちろん自動で動くものは遊び方が限られてくると思います。
逆に動かないもの・たとえば木のおもちゃならどうでしょうか。
叩いて音を楽しんだり、形で遊んだり、
工夫をすればいくらでも遊び方を増やせられます。
これはシンプルなつくりのおもちゃの方が、応用が利くように思います


このようにして子供と親にぴったりのおもちゃを選ぶといいです。
選んだおもちゃは、生涯の宝物になるでしょう。


木のおもちゃの素材

木のおもちゃは、温かく感じますね。
それに耐久性に優れ、兄弟何人でも長持ちします。

木のおもちゃの素材について。


木には独特のものがあります。
【重さ】【香り】【温もり】【手触り】

赤ちゃんは、はじめて手にしたものを口に持っていきます。
それはまだ【自分】【他の人】【物体】の区別や認識がない赤ちゃんは
初めての「モノ」を、自分の唇と舌で確かめるからです。

感じた香りや手触りが「モノ」に対する経験となるのです。

自分の手で物を持ったり、握ったりできるようになると、
今度は【重さ】を経験します。

重量感は遊びに実感・手応えを与えます。

大きさと重さの比率を感じとっていきます。

「このぐらいの大きさなら、
このぐらいの重さかな」という風に学んでいきます。

そして小さい子供はおもちゃを投げたりぶつけたりします。

これはまだ「これを投げたらどうなるか」を学んでないからです。
人にぶつけたらどうなるか、物に投げたらどうなるか…

これを実際に体験し、痛みや破損を学習していきます。
もちろん人に投げたりぶつけたりするのは良くないことですが、
許す限りやらせてあげるのがいいでしょう。

これも成長には大切な経験のひとつです。

作りが丈夫な木のおもちゃは代々受け継ぐことができます。

親が子へ、子が孫へと…。

そして壊れたらボンドで直してまた使用することができます。

自分で壊してしまった大切なおもちゃを
両親が一生懸命に直す姿を見て、
子供はきっと、物を大切に扱うということを覚えるのではないでしょうか。

それにはもちろん親の「物を大切にする心」が一番大切だと思います。

現代は物が溢れています。
だからこそ、親が使っていたものを
子供に残すって貴重な物として残ります。


赤ちゃんの木のおもちゃ

木のおもちゃには、
つみきなどいろいろな形になり売られています。

赤ちゃんが口に入れても安全な木のおもちゃ。

大人が触っても心地よいものは赤ちゃんも心地よいものです。


赤ちゃんは生まれてすぐは視力が0.1と言われています。

しかし色の判断はつきますので
明るい鮮やかな、はっきりした色合いのおもちゃは
目で追うことができます。

また、聴覚も新生児のときからしっかりしていて
さまざまな音を聞き分けることができます。
特に高く・響く音に興味を示すようですよ。

さらに嗅覚はより敏感です。

キライな匂い・臭いと思ったものには
顔をしかめたりといやがります。

味覚としては、赤ちゃんは辛いもの・すっぱいものが苦手です。

甘いものが好きなのだそうです。
苦手な味を口にしたら、反射的に飲みこむようですが、
いや~な顔をするそうです。
触覚も敏感で周囲の温度をしっかり感じています。
ですからお母さんのぬくもりが安心できるようです

赤ちゃんの五感の発達にはもちろん親の愛情は大切ですが、
おもちゃにもこだわりたいですね。

安価なおもちゃはたくさんありますが、
最近木のおもちゃが人気の理由はこのような赤ちゃんを
第一に考えてのことではないでしょうか。

赤ちゃんが口にいれても安全であること。
あたたかい木のさわり心地。
木のやさしい匂い。
木のぶつかり合うやさしい音。
木の重み。

木のおもちゃは赤ちゃんの感性を豊かに育みます。
最近の中国製品の不信などで、
より商品の安全性が求められています。

大切な赤ちゃん、
より信頼・安心できるおもちゃを与えたいです。

それにしても
現在はおもちゃの種類が多くて、迷ってしまいます。


インフォトップランキング


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。